人生もハンデもいろいろ。〜Happiness Recipe〜

片マヒ・失語症・高次脳機能障害の夫と日々楽しみを発見中♪

屋外用の短下肢装具の靴底がすり減った!

   

病院を退院して1年1ヶ月。屋外用短下肢装具を作って1年が経ちました。

障害者手帳の制度を利用して初めて作ったので、屋外用の装具はこの一足のみ。

ふと気がつけば毎日履いているので靴底(つま先)がこんな事になっていました。

横から見た写真
正面からみた写真
夫はつま先が下がり気味なので、つま先がアスファルトで削れるんです。

健常者だと靴のカカトが擦り減るのが普通ですが、夫の靴のカカトは擦り減ってはいるものの、この程度。

このまま履いていたら靴がダメになってしまうので、装具を作ってくださった装具屋さんに連絡。
代わりの屋外用装具靴がないので、靴を預ける事ができない。夫を連れて履いていくのでその場で直してもらいたいとお願いし、仕上げてもらいました。

手際の良い担当の方で、靴底と靴の横の留め具の調整をしていただき、日帰り修理ができました!

履いて帰ってきたのでちょっと汚れましたが、靴底はバッチリ回復。


割りと無理を聞いてくれる装具屋さんなので助かりました。

片麻痺の夫にとって、下肢装具はほんとに大切。

これからはもう少し早めに装具の傷みに気付けるようにチェックすることとします!
 

 

 - ■脳梗塞と後遺症