人生もハンデもいろいろ。〜Happiness Recipe〜

片マヒ・失語症・高次脳機能障害の夫と日々楽しみを発見中♪

夫が倒れてから初めての高熱

   

夕方から「ちょっと熱っぽいね。」といい、夫のおでこに冷えピタシートを貼って、いつもより早めの就寝した日の事。

明け方4時40分、トイレに起きた夫。ひとりでトイレに行って、ベッドに戻ってきて

夫「新しい冷えピタシート貼って」と言ってきました。

私「はいよ。あら、まだ熱いね。大丈夫?」

夫をベッドに横にさせて冷えピタシートを貼ってあげたら、

夫「つめて~~」と気持ちよくなっていた、次の瞬間。

 

 

夫『あああぁぁ!!!!手がぁーーー!!』

 

と言って目の焦点があわなくなり、身体が硬直。

 

私「えっ??だいじょうぶ????えーーーー!!

電気つけるよ!いま救急車呼ぶからね!!!!」

 

硬直後、けいれんを起こし、意識喪失。脳梗塞再発か!?

 

すぐに119番して救急車を呼びました。

 

15分後、救急車が到着。

救急隊の方々が来た頃には意識が少しずつ戻ってきたようでした。

熱性のけいれん発作か、脳梗塞の再発か、脳外科の検査が必要となるので少し離れた病院に搬送され一通り検査を受けました。

朝5時ちょっと前。この時間は脳外科の受け入れ病院が少ない。

CT、MRI、血液検査の結果、脳梗塞の再発はなく、熱性のけいれん発作でしょう。との事。

夫ほどの大きな脳梗巣があるとけいれんなど、脳の障害が起こりやすいとの事でした。

 

けいれん発作を抑える点滴を受けて、1週間分の飲み薬の処方をしてもらい帰宅しました。

入院には至らずに済み、そしてなにより脳梗塞の再発じゃなくてホント良かったです。

 

気候の変わりやすい季節です、皆さんもお身体お気をつけください。

 

 - ■脳梗塞と後遺症