人生もハンデもいろいろ。〜Happiness Recipe〜

片マヒ・失語症・高次脳機能障害の夫と日々楽しみを発見中♪

障害年金の不服申立(審査請求)の流れ

   

勉強した不服申立(審査請求)の流れを覚書しておきます。

 

日本年金機構(厚生労働大臣)の決定処分に不服があった場合

決定を受け取った日の翌日から起算して60日以内に、

管轄の社会保険審査官宛てに「審査請求書・参考資料」を提出する。

原処分者(厚生労働大臣)により「処分変更」または「原処分の通り」と決定される。

処分変更だった場合

⇒処分変更により審査請求人(私)に主張が認められることになるので、審査請求を取り下げて、終了。

原処分の通りだった場合

⇒社会保険審査官が審査請求書の内容に対して最終決定を行い決定する。

その結果、容認(審査請求人の主張を認める)の場合

⇒日本年金機構にて訂正処理が行われ、終了。

上記の場合は、どちらも主張した希望が通った事になり、一件落着となる。

 

↓以下は再審査請求の流れ↓

社会保険審査官が審査請求書の内容に対して最終決定で、棄却(審査請求人の主張を認めない)の場合

審査請求の決定書が届いた翌日から起算して60日以内に

社会保険審査会(厚生労働省)へ再審査請求書を提出

書面審理、公開審理、提出資料等により裁決

容認、または棄却の裁決

棄却裁決の場合、裁判所にて行政事件訴訟として争うことになる

 

 - ■脳梗塞と後遺症, ■障害年金 , ,