人生もハンデもいろいろ。〜Happiness Recipe〜

片マヒ・失語症・高次脳機能障害の夫と日々楽しみを発見中♪

あのいい加減な介護保険審査員の結果

   

先月末、介護保険の再認定のため区の福祉事務所から調査にきました。

その時の話は以前しましたが、なんとも納得いなかい調査時間にいまだにムカムカしていたわけですが、

昨日認定結果が届きました。

 

 

結果は、要介護2

 

いままでは要介護3。なので1つ軽くなりました。

前回の判定は入院中だったから、今回は1つ軽くなった。

うーん、妥当だよね。

あのオバサンが審査会議にどう伝えたか、どう書いたかは謎ですが、1つ軽くなった。

介護保険を使える時間も支払う料金も変わらないし、訪問リハビリの時間も今までと同じように使えるとの事。

 

私の不満はただ1つ。

あの調査にきたオバサンの仕事っぷりで給料をもらえてる事。

この給料ドロボー!!!と、あの時の事を思い出してしまう。

 

だからといって、クレーマーのように区役所にちくるか?というと、そんな事もせず。。。

こういう事って他のシーンでも多々あります。

 

で、いつも思う。

意見箱に投稿してやろう!!!

いやいや、それじゃただのクレーマーでしょ。

いやいや、今後のためにも同じような思いをする申請者を増やさないためにも行動するべき。

まてまて、こんな事でイライラしたりすること自体、自分がオバサンになった証拠。

若い時はそんな風に感じなかったんじゃないの?

なんて、自分を分析するんですが、結果はでません。

 

なので今回の一件は私の胸の中に。

みなさんはいかがですか?



 - ■介護保険, ■脳梗塞と後遺症 , , , ,